「明日ありと思う心のあだ桜」親鸞の歌

 明日ありと
  思う心の
   あだ桜
 夜半に嵐の
  吹かぬものかは

明日があるからいいやと思っていると、
はかない桜のように人生が終わって願いを遂げられないかもしれない。
夜更けに嵐が吹いて花が散ってしまうかもしれないのに。

鎌倉時代の偉いお坊さん、親鸞聖人がたった9歳で詠んだ和歌。
出家を決意し、夜にお寺を訪ねた親鸞が、
和尚さんから「もう夜だから明日にしよう」と言われて、この歌を詠んだそう。

20170418122914235.jpg

長老みっちーが子うさぎチョコに解説

日本人は昔から、人生のはかなさと散る桜を重ねてきたんだ。
だから、桜は特別な花なんだ。

桜の花のようにはかない人生だから、
今日このときを大切に生きていくんだよ、チョコ。

「世の中にたえて桜のなかりせば・・・」在原業平の歌

 世の中に
  たえて桜の
   なかりせば
 春の心は
  のどけからまし

平安時代の歌人、在原業平の詠んだ和歌。
とても美男子だったとか。ぼくたちみたいに?

桜が咲く前は、いつ咲くのかそわそわして、
桜が咲いたら、雨で散ってしまわないか心配して。
今も昔も、みんな春は桜のことで頭がいっぱいなんだね。
飼い主さんも、桜が散る前にって、ぼくたちを公園に連れ回して大忙し。
もうちょっとゆっくりしたらいいのに、
ぼくたちみたいにね。