「月は太陽に照らされて光る。他者があって自分がある」宇宙飛行士・毛利衛の名言

「月は太陽に照らされて光る。
 他者があって自分があるという、
 その深みに惹かれたのです。

 宇宙船から見る下弦の月。
 あれは一生忘れません。

 ひととつながってこそ、自分がある。
 人生もそうありたいですね。」

 宇宙飛行士毛利衛さんのコトバ。
 1992年と2000年の2度も宇宙へ行ったんだってね。
20170321223559919.jpg  灯りに照らされるぼくとチョコ。
 ぼくたちも照らしあって、いっしょに仲良く生きていこうね。

 ところで毛利さん、お月様にうさぎはいた?

←ぽちっと押していただけると励みになります♪

コメント

非公開コメント